ごあいさつ

空港のビジネス大動脈を支える。
お客様ビジネスの目的達成をサポートする。
成田国際空港の「IT トータルパートナー」それがAICSブランドです。

代表取締役社長 小澤 喜宏 多くの人とモノが行き交う空港は、一つの都市に例えられます。都市が機能するためには、ライフラインが整っていなければなりません。特に、膨大な情報を瞬時に伝えるための情報通信インフラは、最も重要なライフラインと言えます。

成田国際空港では空港全域に光ファイバーによる高速、大容量のブロードバンドネットワークの他、映像伝送ネットワークなど、多種多様なサービスを提供する総合情報通信ネットワークが構築されており、日夜膨大な情報が行き交っています。そこを流れる重要情報のひとつが、FIS(フライトインフォメーションシステム)情報です。各航空会社のフライト情報がリアルタイムで配信され、空港を利用されるお客様やスタッフの利便性向上に役立っています。

私達、空港情報通信株式会社(AICS)は、その成田国際空港のビジネス大動脈である総合情報通信ネットワークを、最新の情報通信技術を駆使し24時間365日、途切れることなく支え続けています。また、航空保安施設や航空交通管制施設など航空機の安全運航を支えるための極めて重要な施設を24時間体制で見守ることも私達の使命です。

成田国際空港の「IT トータルパートナー」として、私達にはもうひとつの使命があります。企業のお客様のビジネス課題をイノベイティブに解決することです。

例えば、ルーチンワークを効率化し、経営資源を本業に集中させるために、あるいは、お客様接点をフル活用して、CS 満足を最大化するために、業務システムの開発やWeb サイトの構築、さらにネットワーク、通信機器、データセンターなどのサービスを組み合わせて、目的達成のための仕組みづくりをお手伝いいたします。

当社は品質方針として3C(Customer satisfaction、Core competence、Creativity)を掲げ、高品質なサービスの提供による顧客満足度の向上に全社員一丸となって取り組んでいます。

また、セキュリティの国際規格であるISO/IEC27001を取得し、「成田国際空港の基幹を担う情報通信事業会社」として安全と信頼性の確保に努めています。

私達は、これからも情報通信技術を通じて成田国際空港の安全と発展に貢献し、お客様に選ばれるAICSブランドとなるべく、幅広い視点とスピード感を持ち、未来に向けた新たな価値の創造にチャレンジし続けて参ります。

代表取締役社長 小澤 喜宏

  • 会社情報
  • ごあいさつ
  • 会社概要
  • AICSの理念
  • 品質方針
  • 情報セキュリティ基本方針
  • 組織図
  • 事業紹介
  • 一般事業主行動計画
  • アクセスマップ

ページTOP